バリアフリー料理
   
   

第208回 〜もんじゃ焼き〜

キャベツ

   

もんじゃ焼きは、鉄板にたらして文字か書けるくらいに小麦粉をゆるくのばすから名付けられたのだとか。昔の人はシャレやユーモアがあると思います。
笑いによって免疫力が高められるのは現代では広く知られていることです。愉快だから笑えるのは人間だけが持つ特徴のようです。免疫力は大笑いしたときにだけに高まるのではなく微笑むだけでも充分に効果があるそうです。また人間は微笑んだ顔をみると真似をして頬をゆるめ、怖い顔をみると口元が緊張させるのだとか。いつも近くにいる人と表情が似てくるのは理由があるのです。なかなか難しい事では有りますが、笑顔で人には接したものです。



もんじゃ焼き

材 料

1カップ
ソース 大さじ3
小麦粉 40g
   
キャベツ 250g
豚コマ 100g
ベビースターラーメン 小1袋
とろけるチーズ 適量
サラダ油 大さじ2
   
一味唐辛子 適量
小葱小口切り 1/2カップ


熱 量(1/6人分) 131キロカロリー

作り方

【1】 水、ソース、小麦粉をよく混ぜておきます。
【2】 キャベツは粗みじんにし、豚肉もさらに小さく切ります。
【3】 2の材料の中に1の生地を入れラーメンも小さく割りながら加えます。
【4】 ホットプレートにサラダ油を熱し、3から汁を残して具だけ取り出してさっと炒めてから真ん中をあけて輪を作り空いたところに残しておいた生地を流し込み火を通します。
【5】 4の具を生地に取り込むようにして混ぜ、薄く平らにのばし、上に小葱とチーズをのせて底に焦げ目がついたら、端の方から少しづつすくって食べます。
【6】 もんじゃ焼きの完成です。
画:松原 香津美


トップに戻る