介護保険ってなに? kaigo_cara.gif
どんなサービスが受けられるの?
要介護認定とサービスの利用方法は?
介護保険制度の仕組みは?

制度はいつから?
介護保険のスタートは、2000年(平成12年)4月からです。

運営主体はどこ?
制度の運営主体(保険者)は、全国の各市町村(東京23区)です。

加入する人は?
●第1号被保険者
 65歳以上の人
●第2号被保険者
40歳から64歳までの医療保険に加入している人
サービスが利用できる人は?
寝たきりや痴呆などで常に介護を必要とする状態(要介護の状態)の人
常時の介護までは必要ないが、家事や身じたくなど、日常生活に支援が必要な状態(要支援状態)の人
初老期痴呆、脳血管疾患など老化が原因とされる15種類の病気により、要介護状態や要支援状態になった人


保険料の支払いは?
原則として老齢・退職年金からの天引きです。
加入している医療保険の保険料に上乗せして一括納入します。
利用料の自己負担は?
介護保険のサービスを受けたときは、原則としてかかった費用の1割を負担します。また、施設に入った場合には、費用の1割のほかに食費や日常生活費も負担します。
1割の負担額が高くなりすぎる場合には、自己負担分の上限が設けられています。特に所得が低い人は、負担が重くなりすぎないよう低い上限が設定され、また食費負担も低くなります。
table2.gif



ホームページへもどる