介護体験ひとりごと cara_taiken.gif

[目次表示]


特養<寮母>の悩み
以前、『〜 母のタンス 〜』で投稿させていただいたものです。

母の痴呆も、もう7年目になりました。
どんどん進んで近頃では、言葉もほとんど出てこず会話も無理になりました。でも相変わらず徘徊はひどく、落ち着かずにじっとしていません。特に家事をしないといけない夕方からが激しくなるので大変です。
今、母は老健センターへ週5日前後デイサービスへ通っています。要介護5の認定を受けていますので、介護保険額いっぱいで利用させて頂いています。

利用しているセンターさんは、センターと家庭との間にノートを準備してくれ、そのノートを利用して、その日の出来事やセンターでの母の様子を詳細に書いて頂きどんな事があったのかわかる様にしてくれています。
例えば『今日は近くの保育園の子供さん達が来られました。又カラオケで昔の歌をみんなで歌いました。』や『バスで花見に行きました。』『中学・高校の生徒さんが来られレクレーションをしました。みんなでフウセンバレーで遊びました。』等センターでの色々な様子がとても良くわかり、メモを読むのが今では楽しみの一つです。毎月行っているカレンダー作り、各行事の時の楽しそうな母の写真も頂いています。

母はセンターに行くのを喜んでおり、『バスが来たよ!』と言うとニッコリしてバスに乗ってくれるので私も“ホッ”としています。
昨年よりインフルエンザが流行しましたが、みなさんに良く面倒を見ていただき風邪も引かず元気で今日も動いています。

何をするか目が離せなく大変ですが家族も協力してくれます。
もう少し家でがんばっていこうと思っています。

福岡在住 50才主婦

あなたのひとりごとを募集します
応募はこちら mail.gif


ホームページへもどる